Pickup
[レビュー] HHKB Type-Sを三ヶ月使ってみた感想 マジで世界が変わった

ガジェット好きな僕ですが、意外にマウスやキーボードにはお金をかけてきませんでした。

マウスはMacを使っているとトラックパッドがあるので、そこまで必要性は感じてなく、キーボードもただ入力できれば、なんでもいいと思っていました

そこまでこだわりを感じていなかったんですよね〜

みなさんはどうでしょうか?

いいキーボード、使ってますか?

スポンサーリンク

HHKBってどんなキーボード

HHKBとはなんぞや?と疑問に思う方もいるかと思いますが、PFUが販売しているキーボードです。正式にはhappy hacking keyboardというみたいです。

見た目は普通のキーボード

ゲーミングキーボードのようにLEDが光るわけでもなく、バックライトがつくわけでもない。

ぱっと見はWindows2000世代のオールドPCの付属キーボードのような感じでかなり地味め。他と違うことと言えば....

値段が高すぎることくらいですかね。僕が購入したものはType-Sというモデルで3万弱くらいしました。

キーボードに3万??.....ありえねえ

物欲に負けて買ってしまったHHKB

そもそもなぜ、興味がなかった高級キーボードに手を出したのか。

  • 有名ブロガー、プログラマーの人たちがベタ褒めしていたから
  • 安物とどう違うのか気になった
  • ヤフオクの売り上げ金が残っていた

といくつかの散財理由がありますが、一番の理由は知りたかったからです。

今まで自分が使っていたキーボードとどう違うのかどう変わるのか

これは試さないとわからないと思い、家電量販店を回ったのですが、、、全然置いてないんですよね〜

安価なHHKB Lite(エントリー向け)はありましたが、違う、僕が触りたいのはType-Sだ!

大きめの量販店はほとんど回りましたが、ダメでした。

結局、ネットで買うことに

スポンサーリンク

キーを打った瞬間3万の理由がわかった

やっと届いたHHKB

開封の儀を終え、Mac用にセット完了

キーを打った瞬間、今までに感じたことのない押し心地にびっくり!

絶妙な力加減で「スコッ」と入るキートップ

イメージで例えると普通のキーボードは「かちゃかちゃ」とか「ベチベチ」と音がすると思いますが、HHKBのこれは、「スコスコスコ」という感じです。

何が違うかというとキートップがぶれない。

指の荷重がキーの上に乗りそのまま、真下へ沈む感じ。押すときに、左右に指がぶれないからめちゃくちゃ打ちやすい。

どのキーを叩いても同じ力で沈むキーに病みつきになりましたね。

なんというか、ずっと打っていたくなる感じ。

この文もHHKBで打ち込んでいるからこんな、長ったらし冗長な文になっているんですよ。笑

いいキーボードはよく青軸やら赤軸が使われていますがHHKBはどれでもありません。

HHKBの良さを短くまとめるならば

  • 気持ちいい
  • 疲れない
  • 満たされる

もう僕はHHKB中毒です。

このキーボードがないと何も打てません。

他のキーボードだと、なかなか執筆できなかったりするんですが、このキーボードを使うと言葉がすらすらと出てくるんですよね〜

単に打ち込みたいだけなので、体が中毒症状を起こしているだけなのかもしれませんが

今年買って良かったものランキングではダントツの1位です

機会があれば使ってみてください。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。
馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。
いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

【東京大学 名誉教授 和田英一】

スポンサーリンク
おすすめの記事