Pickup
Anker PowerCore 10000PD 発売 Power Delivery対応で急速充電

Ankerから、USB-C PD規格に対応したモバイルバッテリー「PowerCore 10000PD」が発売開始されました。

気になるスペックを見ていきましょう。

スポンサーリンク

サイズ

Power Deliveryに対応したモバイルバッテリーの中でクラス最小、最軽量を誇る「PowerCore 10000PD」

「PowerCore 10000」とサイズを比べてみましょう。

PowerCore 10000PD PowerCore 10000
製品寸法 約114 x 52 x 25 mm 約96 x 62 x 22mm
製品重量 約192g 約180g
体積 約148200㎤ 約130944㎤

PowerCore10000にたいして、横幅が10mmスリムになる代わりに縦、奥行き寸法が増しています。

体積別に見るとPowerCore10000の方が小さいことがわかります。

見た目は「PowerCore 10000PD」の方がコンパクトに見えますが、実際はPowerCore10000の方が小さいです。

公式サイトを見る

仕様詳細

  • 容量:10000mAh
  • PD入力:5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A
  • PD出力:5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A
  • PowerIQ 出力:5V=2A 合計最大出力:28W

ここで注意が必要なのが合計最大出力:28Wとなっていますが、USB-A+USB-C端子を合わせた出力値なので、単体で28W出力はできません。

 

18WのPower Deliveryに対応しているので、iPhone 8以降のiPhoneやPower Delivery対応のスマートフォンを急速に充電することができます。

 

iPhoneを充電する場合はUSB-C-Lightningケーブルが必要です。

 

充電回数の 目安
iPhone XSの場合は約2.6回
Galaxy S9の場合約2.5回
iPad Pro  11インチの場合約0.8回
スポンサーリンク

Macの充電は遅いかも

Power Deliveryに対応しているので、MacBookやMacbookProの充電もできますが、PD出力が18Wしかないため給電が追いつきません。

Macbookの場合は最低30W、Macbook Proの場合は45W-65Wの電力が必要です。

Macを使用しながらの充電はおそらく無理なので、スマホ用の充電器と考えた方がいいです。

もしも、MacBookの充電に使いたいならPower Core speed 20000PDをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事