Pickup
(新)AirPodsは買いか? 旧機種と比較

2019年3月20日に新型「AirPods」が発表されました。

前日にiMac、前々日にiPadがアップデートしたこともあり、「Airpodsはまだなのか!」と心待ちにしていたユーザーもいるかとおもいますが、ようやく発表されましたね。

今回発表された、新型「AirPods」は従来機から何が進化したのか、旧AirPodsユーザーは買い換える必要があるのかどうか、新旧スペックを比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク

 新旧外観比較

新旧比較してみましょう。

従来のモデルと新ワイヤレス充電ケースの比較

第2世代 AirPods (新) 第1世代 AirPods (旧)
サイズ 44.3 × 21.3 × 53.5 mm 44.3 × 21.3 × 53.5 mm

左:旧   右:新

左:旧   右:新

外観の変化はなくLEDインジケータの位置が変わっています。(後述)

ヘッドフォンチップが進化

新型AirPodsはW1チップからH1チップへと進化しました。

第2世代 AirPods (新) 第1世代 AirPods (旧)
ヘッドフォンチップ W1 H1

Airpodsに搭載されているチップとは、パソコンで例えるとCPUみたいなものでAirpods内で、バッテリー管理、ノイズ除去、傾き検知、音質の向上など様々な処理をこなしている部分です。

Airpodsを使ったことがある人はわかると思いますが、耳から外すと再生が止まったり、Airpodsの蓋を開けるだけでiPhoneとペアリングしたりしますよね?

このような作業は全てチップが処理しています。

今回のアップデートでW1→H1へ進化したことで何が変わったのか見ていきましょう。

接続速度が2倍高速に

端末間で、ペアリングを切り替える時の速度が最大で2倍高速になり、電話の通話への接続が1.5倍早くなりました。

アップル製品を複数持っているとペアリングを切り替える場面に遭遇することがよくあります。

僕の場合は、Macを触っているときはMacにAirpodsを接続して音楽を聴いていますが、外出するときはiPhoneに切り替えて使っています。

切り替える際は、設定からホストを変更するだけなので、さほど手間ではないですが、別機に切り替わるまで、だいたい5秒くらいはかかりますね。

この接続時間が1/2になります。

ゲームのレイテンシーが最大30%高速に

ゲームのレイテンシー(遅延)が最大で、30%高速になりました。

第1世代 AirPods (旧)で、遅延があるかというと多少はあるとおもいますが、そこまで気になるレベルではないと思っています。

今回のアップデートでさらに程遅延になったことで、より有線接続に近づいたということでしょう。

Hey Siri常時待機

Siriにアクセスする場合は、ダブルタップで呼び出す必要がありましたが、H1チップになったことでダブルタップに加え、「Hey Siri」と呼びかけるだけで起動可能になりました。

これは実はすごいことで、呼びかけに常に反応するということは、Siriが常時待機してくれているということです。

常に待機しているとなると電力も消費していることになりますが、バッテリー容量がたいして多くないワイヤレスイヤホンの場合、「音楽再生以外に電力を消費したくない」ということはどこのメーカーも同じです。

「いかに長く再生できるか」が、そのワイヤレスイヤホンの長所となる場合もあります。

常時待機する=電力を消費する=再生時間が短くなる

このように考えるのは普通のことですが、H1チップの場合は違うようです。

後述しますが、Siriを待機させたからといって再生時間が短くなったわけではないのです。

再生時間は減らずに、Siriは常時待機。

つまり、チップが高性能化したことで、より少ない電力で、今までの仕事をこなすことができるようになったということですね。

スポンサーリンク

バッテリー駆動時間

 

バッテリー駆動時間を見ていきましょう。

音楽再生時間は新旧変わりませんが、第2世代 AirPods (新)の連続通話時間が向上しています。

AirPods単体

 

AirPods単体の音楽再生時間

AirPods単体(再生) 第2世代 AirPods (新) 第1世代 AirPods (旧)
再生時間 5時間 5時間

 

AirPods単体の連続通話時間

AirPods単体(通話) 第2世代 AirPods (新) 第1世代 AirPods (旧)
連続通話時間 3時間 2時間

第2世代 AirPods (新)の連続通話時間が1時間伸びています。

AirPods単体で見ると連続通話時間が1時間UP

AirPods+充電ケース

 

AirPods+充電ケースの音楽再生時間

AirPods+ケース(再生) 第2世代 AirPods (新) 第1世代 AirPods (旧)
再生時間 24時間 24時間

 

AirPods+充電ケース連続通話時間

AirPods+ケース(通話) 第2世代 AirPods (新) 第1世代 AirPods (旧)
連続通話時間 18時間 11時間

第2世代 AirPods (新)の連続通話時間が7時間伸びています。

ケース併用することで連続通話時間が7時間UP

ケースがワイヤレスに進化

従来機はLightningのみの充電でしか対応していませんでしたが、第2世代になりQiワイヤレス充電に対応しました。

従来と同じケースを選ぶこともできるので、ワイヤレス充電機能が必要ない場合はQiなしのケースを選ぶことができます。

変更点としては、LEDインジケーターの位置が変わっています。

第2世代 AirPods (新) 第1世代 AirPods (旧)
充電方法 ワイヤレス or Lightning Lightning

価格

※Appleストア価格

価格(税別) 第2世代 AirPods (新) 第1世代 AirPods (旧)
ワイヤレス充電ケースセット 22,800円 -
従来の充電ケースセット 17,800円 16,800円
ワイヤレス充電ケース単体 8,800円 -

ケースがワイヤレス化するだけで5000円の価格UPが生じます。

また、単体で買う場合は8,800円となり割高になります。

買いなのか?

Airpodsは素晴らしい。

あの小さい筐体に想像できないようなテクノロジーがたくさん詰まっている。

今回のアップデートで素晴らしく進化したAirPodsだがはたして「買い」なのかそうではないのか

Airpodsをまだ持っていない人

Airpodsをまだ使ったことがなく、今回を発表を機に購入を考えている人は間違いなく「買い」です。

他のワイヤレスイヤホンよりは高めの値段設定なので、躊躇する人もいるかと思いますが、手に入れたらきっと満足できるはず。

Apple製品とシームレスにつながる快適さ。是非とも体感してほしいです。

ここでの一番の問題はワイヤレス充電対応ケースにするか、しないか。

これはユーザーの好みですが、僕的にはワイヤレスなしをお勧めします。

ワイヤレスで充電できる機能はすごく便利ですが、別になくてもLIghtningで充電できるので困りません。

ワイヤレス充電機能が付くだけで、価格が5000円UPするので、

「ワイヤレス充電のため」だけに5000円出せるかどうか?

僕はこの5000円の差額でAirpodsのケースなどのアクセサリーを購入した方がいいと思います。

[公式] 購入ページ

 

旧Airpodsを持っている人

旧Airpodsを持っている人は買い替えお勧めしません。

チップが新しくなり、高性能になったのは間違いありませんが、価格分の満足度が得られるとは思えないからです。

確かに、Siriが常時待機するようになり連続通話時間も増えていますが、それだけのために2万5千円弱を支払って買い直す必要はないと思います。

ワイヤレス充電機能が魅力的に感じたのならば、ケース単体購入をおすすめしますが、価格も税込で1万近くなるのでよっぽどのこだわりがない限り購入まで踏み切れないはずです。

サードパーティー製にも充電ケースをワイヤレス化する保護ケースが売っているので、そちらを使ってみるのもアリだと思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事