Pickup
  iPad Air vs iPad Pro 10.5 インチ 何が違うのか比較してみた

先日、発表された新型iPad Air 。

ディスプレイサイズは10.5インチになり、スマートキーボード&Apple Pencilをサポートした。

このスペックどこかで見覚えがないだろうか?

そう、iPad Pro10.5インチに激似なのだ!

現在のProのラインナップは、11インチと12.9インチのみで、10.5インチモデルは廃止となり販売していない。(公式では)

もしかしたら、Airという皮を被ったProなのではないか。

スペックを比較しながら見ていきましょう。

スポンサーリンク

外観寸法・重量

外観寸法、重量を比較してみた。

参考:Wi-fiモデル

iPad Pro 10.5インチ iPad Air 10.5インチ
高さ 250.6mm 250.6mm
174.1mm 174.1mm
厚さ 6.1mm 6.1mm
重量 469g 456g

外形寸法はほとんど同じですが、重量がわずかながらAirの方が軽くなっています。

プロセッサ・メモリ

プロセッサ・メモリを比較

iPad Pro 10.5インチ iPad Air 10.5インチ
プロセッサ A10X Fusion A12
メモリ(RAM) 4GB 3GB
GeekBench(Single/Multi) 3916/9345 4806/11607

リークのスコアなので、確定ではないですがA12を搭載しているだけあってProよりも性能が高くなっています。

A12はiPhone XS,iPhone XRと同じチップです。

スポンサーリンク

カメラ

イン/アウトのカメラを比較。

iPad Pro 10.5インチ iPad Air 10.5インチ
インカメラ 7メガピクセル 7メガピクセル
アウトカメラ 12メガピクセル(F1.8) 8メガピクセル(F2.4)

インカメラ性能は同じですが、アウトカメラではiPad Pro10.5の方がスペックが高いです。

また、iPad Pro10.5の方がF値が低くなっているのでより明るい写真を撮ることができます。

ビデオ撮影性能

ビデオ撮影性能を比較。

iPad Pro 10.5インチ iPad Air 10.5インチ
4K撮影 ○ 4K(30fps) -
手ぶれ補正
スローモーション 1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応 720p(120fps)スローモーションビデオに対応

ビデオ性能もiPad Pro 10.5インチが優勢です。

手ぶれ補正はどちらの機種にも対応していますが、Airでは4K撮影ができないようです。

 オーディオ性能

オーディオ性能を比較

iPad Pro 10.5インチ iPad Air 10.5インチ
スピーカー仕様 4スピーカーオーディオ 2スピーカーオーディオ

オーディオ性能でもiPad Proの方が優れていました。

Proは上2つ、下2つの計4つのスピーカーが配置されていますが、Airは2つとなっています。(配置は不明)

ディスプレイ

ディスプレイを比較

iPad Pro 10.5インチ iPad Air 10.5インチ
解像度 2,224 x 1,668ピクセル解像度、264ppi 2,224 x 1,668ピクセル解像度、264ppi
True Tone
ProMotion ×

TrueToneとは

周囲の光に合わせて画面の色温度や、明るさを調整する機能

ProMotionとは

リフレッシュレートを通常60Hzの倍の120Hzとすることで、残像が少なくなり、なめらかな描画になります。

解像度は同じですが、AirはProMotionには対応していません。

周辺機器

周辺機器の使用有無を比較

iPad Pro 10.5インチ iPad Air 10.5インチ
Apple Pencil Gen1
Smart keyboard

Apple Pencil、Smart keyboardどちらも対応しています。

Apple Pencilは第1世代のみ対応となります。

まとめ

スペックで比較するとプロセッサ以外はiPad Pro 10.5インチの圧勝となりました。

2年前の機種といえど、基本スペックはProに軍配があがるようです。

新発売されたAirを狙うのではなく、旧Proを狙った方が価格的にも賢い選択かもしれません。

iPad Pro 10.5インチは販売終了しているので購入するなら、ネットか量販店の在庫限りとなりますのでお早めに。

AirよりもPro10.5の方が買い

 

スポンサーリンク
おすすめの記事